海外ドラマNAVIはリニューアルしちゃいました!

10月21日をもちまして海外ドラマNAVIはリニューアルしちゃいました!
今後も海外ドラマファンの皆様にさらに喜んでいただける情報をお伝えしていきます。
これからの海外ドラマNAVIにぜひご期待ください!!

★海外ドラマNAVI(リニューアル)
http://dramanavi.net/

オタクの祭典、コミコン報告「その4:人気グッズ販売ブースでは、あの人形がベストセラー!!」

お気に入りのキャラのグッズの購入もコミコンの楽しみの一つ。だだっ広い会場にあるのは、配給会社やTV局のブースだけではありません。本やマンガ、Tシャツ、コスチュームの一部、そして、おもちゃなどを販売するブースもわんさか。というワケで、コミコン報告その4は、人気販売ブースを直撃しま~す!!

 

 

 

 

Photos by Izumi Hasegawa/HollywoodNewsWire.net

Photo0601img_1138TVドラマの人気キャラの人形(フィギュア)販売ならココ! Entertainment Earthのブース

Photo0602img_1132ベストセラーの一つ『デクスター~警察官は殺人鬼』のバブルヘッド人形(約1500円)。手にした赤ちゃんもバブルヘッドという凝りよう

Photo0603img_1135全然似てない!? 『Californication』のハンク(デヴィッド・ドゥカヴニー)人形は約1300円也

Photo0603img_1127_2こちらも売れ筋! 『LOST』の人形たち

Photo0604img_1124これらのサイン会が期間中にここで行われていた!

Photo0605img_0946_2『デクスター』の記者会見場で会った友人の女性記者(大手情報サイトのTVライター)は、「毎年取材に来てるけど、初めてだよこんなこと。思わず買っちゃったよ~。そして、バッグをもらいに行っちゃたよ~」と初日から盛り上がっていた

» 続きを読む

オタクの祭典、コミコン報告「その3:パネルとサイン会は空前の大盛況!!」

お気に入りのスターが、お気に入りの作品について語るのを生で聞けるだけでなく、自分の質問にも答えてくれるとあって、パネルはどの会場もほぼ満員。場合によっては泊まり込みで並んだりもします。そしてパネルに参加したスターは、サイン会もやったりするもんだからファンとしてはたまらない。配給会社・放送局のブースは、超大混雑のサイン会をスムーズに行えるように設計してあったりします。というワケで、コミコン報告 その3は、大盛況のパネルとサイン会の様子をご紹介しま~す!!

Photos by Izumi Hasegawa/HollywoodNewsWire.net

Photo0301p7240011_2本来なら3時間待ちで“やっとこさ入場”な会場だけど、ドサクサに紛れて並ばずに入っちゃったー。「シー!」。秋から放送の新作ドラマ『Hawaii Five-O』のパネルには、『LOST』のダニエル・ディ・キムと、『バトルスター・ギャラクティカ』のグレース・パークらが出席

Photo0302img_0990パネルが終わったら、1フロア下にあるブースに移動し、サイン会。ブース前は大混雑で、「立ち止まらない。写真を撮ったら速やかに立ち去るように!」と警備員が大声で指示していた。背の低い私はカメラを掲げて、闇雲にシャッター押しながら歩きましたわ

Photo0303img_1230『スーパーナチュラル』のサイン会後。イケメン兄弟をカメラに納めようとファンは必死だ

Photo0304img_1245_2私も望遠レンズで撮影してみた。イケメン兄弟役のジェンセン・アクレス(写真左)とジャレッド・パダレッキ(同右)らしきオトコが……

Photo0305img_1250そうこうしているうちに、ジャレッドがファンに手を振ってご挨拶。もちろん、耳が痛くなるくらいの歓声が一気に上がった


<<「その1:垂涎の無料配布グッズいろいろ」
<<「その2:宣伝合戦!?各社PRに燃える」

» 続きを読む

オタクの祭典、コミコン報告「その2:宣伝合戦!?各社PRに燃える」

ファンの交流会的なノリだったコミコンも、今では各社の宣伝合戦の場と化しています。会場付近のビルは、建物の壁をほぼ全面利用した超大型ポスターが貼られ、会場内のバナーも、会場と周辺ホテルを結ぶ無料シャトルバスの車体も宣伝に利用と、余すところなくPRしまくり。というワケで、コミコン報告 その2は、PR大作戦の状況をご紹介しま~す!!

 

「Showtimeのアンチ・ヒーローたち」バッグ(コミコン報告 その1参照)とお揃い柄のバス車体広告。バッグ同様、それぞれのキャラに、それぞれ合ったキャッチコピーが付いている

Photo0201p7250020_2 『デクスター~警察官は殺人鬼』

Photo0202img_1275_2 『Californication』

Photo0203img_1165_2 『Weeds~ママの秘密』

Photo0204p72500286月にシーズン2が終わったばかりのイーディ・ファルコ主演のコメディー・ドラマ『Nurse Jackie』

Photo0205img_1114_2 会場内のバナーも一部は「Showtimeのアンチ・ヒーローたち」

Photo0206img_1113『True Blood』も負けてはいない!

Photo0207img_0944もっと『True Blood』!

Photo0208img_1260

Photo0209img_1259会場を出た瞬間、空を仰ぐと「鳥だ? 飛行機だ? いや、青空広告だ!」ということで、飛行機が引っ張る青空バナーは、秋からスタートの『No Ordinary Family』(『デクスター』のジュリー・ベンツと『ザ・シールド~ルール無用の警察バッジ~』のマイケル・チクリス主演)

Photo0210img_1264サンディエゴのダウンタウンの交通手段の一つ、リキシャも広告の場に活用。座席の後ろもタイヤカバーも『Nikita』(秋からスタート)

その3に続く...

「その3:パネルとサイン会は空前の大盛況!!」に続く>>
<<「その1:垂涎の無料配布グッズいろいろ」

Photos by Izumi Hasegawa/HollywoodNewsWire.net

» 続きを読む

オタクの祭典、コミコン報告「その1:垂涎の無料配布グッズいろいろ」

7月終わりにカリフォルニア州サンディエゴで開催されたコミコン・インターナショナル、通称コミコンに行ってきました。コミコンは、「Comic Book Convention(コミックブック・コンベンション)」という名の通り、元々は、スーパーマンなどでお馴染みのアメコミや『スタートレック』などのSFものの漫画や映画のグッズ販売、パネルディスカッション(以下パネル)、上映会などを行っていましたが、最近は、映画会社が新作のPRの場として活用するようになり、それに追随してTVドラマも進出するようになりました。秋から始まる新シリーズ&新シーズンのパイロット版の上映会やパネル、サイン会などを行い、ファン垂涎のグッズを配っています。
というワケで、コミコン報告その1は、コミコン独占配布と思われる垂涎グッズの数々をご紹介しま~す!!

 

Photo0101img_1278_5 買ったものや無料配布グッズを入れるバッグは、コミコンではお馴染み(元祖エコバックか?)。イケメン兄弟の顔がバッチリ印刷された『スーパーナチュラル』のバッグの反対側の絵柄は『ヤング・スーパーマン』

Photo0102img_1166_2 『デクスター~警察官は殺人鬼』や『Californication』、『Weeds~ママの秘密』は、米ではCBS系列ケーブル局Showtimeで放送。そんなワケで、ShowtimeのブースはCBSと共同だった。そのブースで限定配布されていたのが、この「Showtimeのアンチ・ヒーローたち」バッグと各アンチ・ヒーローをメインにしたバッグ。「Showtimeのアンチ・ヒーローたち」は、パネルも行った

Photo0103img_1168_4 ちなみにデクスター・バッグは、開催日程後半にはすべてはけてしまったほどの盛況で、撮影用に1つだけ残していたものをパチリ。Showtimeのアンチ・ヒーローのバッグのデザインは、コミコン専用シャトルバスの車体にも貼られていたよ

Photo0104img_1220_3疲れて会場の隅に座っていた人が扇いでいたのは、なんと『Fringe/フリンジ』うちわ

Photo0105ccf20100802_00000_2 会場内、及び、会場周辺で配られていた『デクスター~警察官は殺人鬼』のタトゥー・シール。ファンなら、これを貼る場所を確実に知っているハズだ!!

Photo0106p7250029_2 会場とホテルを結ぶシャトルバスの列で見つけた『True Blood』Tシャツ。『True Blood』のパネル参加者だけに配られたとか

Photo0107p7250032_2 会場とホテルを結ぶシャトルバスに同乗した人が持っていた『V』カイト。バスの中なので、さすがに「広げて下さい」と言えなかったけど、菱形のこの凧は、中央に赤く「V」の文字が書かれ、その下に黒文字で「We are of peace always」と印刷されている

Photo0108img_1117_2サイン会がそこかしこで開かれるコミコンには、ポスターケースも必需品の一つ。20世紀フォックス映画社とTVのFOX局が合同で構えたブースでは特製ポスターケースを配布していた

「その2:宣伝合戦!?各社PRに燃える」に続く>>

Photos by Izumi Hasegawa/HollywoodNewsWire.net

» 続きを読む

≪結果発表≫第2回海外ドラマNAVI“勝手に”アワード

皆様の熱い期待にこたえて(!?)今年もまた勝手にやっちゃった「第2回 海外ドラマNAVI“勝手に”アワード」。
たくさんの方々に投票をしていただき、ありがとうございました!
並み居る強豪の中から、2009年度の最強の海外ドラマは一体どのドラマに??そして各キャラクター・俳優部門での最強は誰の手に??
いよいよ投票結果の発表です!

-------------------------------------------------------------------------------
2009年最強の新着ドラマはこれだ!
-------------------------------------------------------------------------------
◆『ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ』

_tscc_3

【投票結果】 (投票数:613票)
1位 ターミネーター:サラ・コナークロニクルズ (198票 32%)
2位 バーン・ノーティス~消されたスパイ (151票 24%)
3位 プライベート・プラクティス~迷えるオトナたち (88票 14%)
4位 THE LISTENER ~心を読む青い瞳 (69票 11%)
5位 ビッグバン★セオリー~ギークなぼくらの恋愛法則 (64票 10%)
6位 プッシング・デイジー~恋するパイメーカー (43票  7%)

<受賞コメント>Photo_15
■株式会社スーパーネットワーク
・マーケティング営業部 宮澤 和弘様

海外ドラマファンの皆様に新着“最強ドラマ”として選んでいただけて大変光栄です。本当に嬉しいです、有難うございます!! ターミネーター・ファンでなくても思わず引き込まれてしまうストーリー展開に、キャメロンという超魅力的なキャラクターの存在は、ドラマとしては最強の組み合わせですね。シーズン2でもキャメロンとジョンの関係など、あっと驚く“まじ?!”といった驚愕の展開が続きます。ぜひ最後まで楽しんでくださいね。

■『ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ2』
【放送情報】Super!drama TV 毎週水曜22:00~22:55ほか
TM & (c) Warner Bros. Entertainment Inc.


-------------------------------------------------------------------------------
2009年最強の継続ドラマはこれだ!
-------------------------------------------------------------------------------
◆『CSI:科学捜査班』

_csi

【投票結果】 (投票数:613票)
1位 CSI:科学捜査班 (142票 30%)
2位 LOST (98票 21%)
3位 スーパーナチュラル (80票 17%)
4位 24-TWENTY FOUR- (76票 16%)
5位 名探偵モンク (43票 9%)
6位 スターゲイトSG- (22票 4%)

Wowow

<受賞コメント>
■株式会社WOWOW 
・番組宣伝部 高橋 敏江 様

“最強継続ドラマ”に選んでいただきありがとうございます。全米で最も見られている犯罪捜査ドラマが日本でも支持されていることは嬉しいです。ラスベガスは4月から最新シーズンが放送中です。“最強継続ドラマ”に選んでいただいただけあってなんとシーズン9! 第18話で通算200話に到達します! 今シーズンは番組史上最も見せ場の多いシーズンで、第1話では番組開始以来登場していたウォリックが殉職、第9話からはローレンス・フィッシュバーンが登場します。スピンオフの『~マイアミ』『~ニューヨーク』も含めこれからも『CSI:』シリーズをよろしくお願いいたします!

■『CSI:8 科学捜査班』
【放送情報】
WOWOW 第9シーズン4月10日スタート!
(C)2000-2009 CBS Broadcasting Inc.and Entertainment AB Funding LLC.All Rights Reserved.

-------------------------------------------------------------------------------
2009年最強のDVDドラマはこれだ!
-------------------------------------------------------------------------------
◆『NCIS~ネイビー犯罪捜査班』

Dvd_ncis

【投票結果】(投票数:451票)
1位 NCIS~ネイビー犯罪捜査班 (169票 37%)
2位 ゴシップガール (90票 19%)
3位 プリズン・ブレイク (73票 16%)
4位 ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ (51票 11%)
5位 アルフ (42票 9%)
6位 アーノルド坊やは人気者 (26票 5%)

Photo_3

<受賞コメント>
■パラマウント ジャパン株式会社 
・ホームエンターテイメント部門 マーケティング 
  PRコーディネーター 松尾 理絵 様

ノリは軽いが捜査は熱い! そしてファンも熱かった!ご投票頂きました皆様、ありがとうございました。改めて人気の底力に驚いております。日本では馴染みのない海軍犯罪局での捜査ドラマですが、このユーモアとナイスキャラのチーム構成・・・、緊迫感と笑いがブレンドされたNCISの魅力どこか懐かしい感じ!? 一度見るとクセになります。日本でも長寿番組化&DVDを継続リリースできますよう、引き続きご支援の程宜しくお願い致します。

■『NCIS ネイビー犯罪捜査班 シーズン1』
(C)2009 CBS Studios Inc. All Right Reserved. CBS and related marks are trademarks of CBS Broadcasting Inc. All Right Reserved.

-------------------------------------------------------------------------------
最強のプロデューサーはこの人だ!
-------------------------------------------------------------------------------
◆ジェリー・ブラッカイマー

__11

【投票結果】(投票数:319票)
1位 ジェリー・ブラッカイマー (136票 42%)
2位 J.J.エイブラムス (93票 29%)
3位 マックG (39票 12%)
4位 チャック・ロリー (18票 5%)
5位 ダレン・スター (17票 5%)
6位 アーロン・スペリング (16票 5%)

 

 

-------------------------------------------------------------------------------
最強のぽっちゃりんはこの人だ!
-------------------------------------------------------------------------------
ガルシア役『クリミナル・マインド』(カーステン・ヴァングスネス)

__12

【投票結果】(投票数:328票)
1位 ガルシア役『クリミナル・マインド』 (128票 39%)
2位 ハーリー役『LOST』 ( 81票 24%)
3位 ブリジット・デュボア役『ミディアム~霊能者アリソン・デュボア』 (79票 24%)
4位 スーキー役『ギルモア・ガールズ』 (17票 5%)
5位 バルタ役『チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ』 (15票 4%)
6位 ビンセント役『ユーリカ~事件です!カーター保安官』 (8票 2%)

------------------------------------------------------------------------------
最強のおたくちゃんはこの人だ!
-------------------------------------------------------------------------------
◆スペンサー・リード役『クリミナル・マインド』(マシュー・グレイ・ギュブラー)

__13

【投票結果】(投票数:332票)
1位 スペンサー・リード役『クリミナル・マインド』 (150票 45%)
2位 ナカムラ・ヒロ役『HEROES/ヒーローズ』 (53票 15%)
3位 シェルドン役『ビッグバン★セオリー』 (46票 13%)
4位 チャック役『チャック』 (45票 13%)
5位 ディーン・ウィンチェスター役『スーパーナチュラル』 (28票  8%)
6位 ジョナサン・クリーク役『奇術探偵ジョナサン・クリーク』 (10票  3%)

 

 
-------------------------------------------------------------------------------
最強のヒーロー・ヒロインはこの人だ!
-------------------------------------------------------------------------------
◆ジャック・バウアー役『24』(キーファー・サザーランド)

__16

【投票結果】(投票数:377票)

1位 ジャック・バウアー役『24』(158票 41%)
2位 サラ・コナー役『TSCC』(79票 20%)
3位 ピーター・ペトレリ役『HEROES/ヒーローズ』(54票 14%)
4位 ドクター役/『ドクター・フー』(35票  9%)
5位 スターバック役『バトルスター・ギャラクティカ』(29票  7%)
6位 ジェイミー・サマーズ役『バイオニック・ウーマン』(22票  5%)

 

 

-------------------------------------------------------------------------------
最強の谷間はこの人だ!
-------------------------------------------------------------------------------
◆メリンダ・ゴードン役『ゴースト~天国からのささやき』(ジェニファーラブ・ヒューイット)

__17

【投票結果】(投票数:412票)
1位 メリンダ・ゴードン役『ゴースト~天国からのささやき』 (128票 31%)
2位 アディソン役『プライベート・プラクティス』 (110票 26%)
3位 カリー・デュケーン役『CSI:マイアミ』 (89票 21%)
4位 フィオナ役『バーン・ノーティス』 (46票 11%)
5位 フィービー・ハリウェル役『チャームド~魔女3姉妹』 (23票  5%)
6位 サマンサ・ニューリー役『サマンサwho?』 (16票  3%)

 
 

-------------------------------------------------------------------------------
最強のフェロモンくんはこの人だ!
-------------------------------------------------------------------------------
◆マイケル・ウェスティン役『バーン・ノーティス』(ジェフリー・ドノヴァン)

【投票結果】(投票数:227票)
1位 マイケル・ウェスティン役『バーン・ノーティス』 (66票 29%)
2位 チャック・バス役『ゴシップガール』 (46票 20%)
3位 クリスチャン・トロイ役『Nip/Tuck ハリウッド整形外科医』 (43票 18%)
4位 ヘンリー8世役『THE TUDORS~背徳の王冠~』 (32票 14%)
5位 ヒロ役『バトルスター・ギャラクティカ』 (31票 13%)
6位 ダン・ヴァサー役『ジャーニーマン~時空を超えた赤い糸』 (9票  3%)

-------------------------------------------------------------------------------
最強のゲスト出演はこの人だ!
-------------------------------------------------------------------------------
◆ウィリアム・ハート(『ダメージ』パティ・ヒューズのクライアント役)

__18

【投票結果】(投票数:227票)

1位 ウィリアム・ハート『ダメージ』 (65票 28%)
2位 キャシー・ベイカー『グレイズ・アナトミー』 (60票 26%)
3位 マルコム・マクダウェル『HEROES/ヒーローズ』 (42票 18%)
4位 スティーブ・グッテンバーグ『ヴェロニカ・マーズ』 (23票 10%)
5位 シビル・シェパード『サマンサwho?』 (21票  9%)
6位 デビッド・キャラダイン『メンタル癒しのカルテ』 (16票  7%)

【FOX】4月スタートの注目海外ドラマリスト!

4月は新社会人や新入生と新しいものが溢れる季節、そして新着海外ドラマも盛りだくさん!
ということで、各局で4月から始まる注目の新着ドラマ情報を集めてみました。はじめは“FOX”から。
あたなた4月からナニを観ますか!?

 

 

【新着ドラマ】
---------------------------------------------------------------------------
■『ライ・トゥー・ミー 嘘は真実を語る』
 原題:Lie to me
 放送予定:4月6日(火)スタート
      毎週火曜日 23:00~23:55

<関連記事>
2009年のミッドシーズンスタートドラマがやっとこさ充実! 話題作『Dollhouse』もついに放送開始!
プレスツアーに見るアメリカTV業界の現実
海外ドラマはライバル!? 日本が100%ドラマ輸入国にならないために!!
『フラッシュフォワード』『GLEE』『True Blood』…2010年は海外ドラマバブルイヤー!?

---------------------------------------------------------------------------■『ドールハウス』
 原題:Dollhouse
 放送予定:4月14日(水)23:00スタート
      毎週水曜日 23:00~23:55

<関連記事>
2009年のミッドシーズンスタートドラマがやっとこさ充実! 話題作『Dollhouse』もついに放送開始! 
『バフィー ~恋する十字架』のクリエイターの新作ピンチ!?
今年も行ってきた!見てきた!アメリカTVドラマ最新情報 LAスクリーニング2008
『ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ』のサマー・グロー、『The Cape』で生身の勇敢なブロガー役
プレスツアーに見るアメリカTV業界の現実

---------------------------------------------------------------------------

【新シリーズ】
■『ゴースト ~天国からのささやき シーズン4』
 放送予定:4月23日(金)23:00スタート
        毎週金曜日23:00~23:55

■『バーン・ノーティス 元スパイの逆襲 シーズン2』
 放送予定:4月10日(土)23:00スタート
        毎週土曜日 23:00~24:00

第2回 海外ドラマNAVI“勝手に”アワード 異論・反論・オブジェクション!?的に応援しちゃいます!<その6>

やっぱ最強はメリンダ!? 2010年春夏の≪谷間見せテク≫は海外ドラマヒロインを見習え!

スパイや魔女はさておき、医師や警察官がこんなにセクシーである必要はいったいどこに!?
・・・そんな“勝手に”アワード「最強の谷間」部門は、いずれもオーバー30のオトナな顔ぶれ。ケイト・ウォルシュとガブリエル・アンウォーなんてもう40代ですよ!? 彼女たちの年齢も下品さも感じさせないデコルテ見せはぜひお手本にしたいところ。そこで、ノミネートされた6人に少しでも近づくため?の「谷間づくりのコツ」を考えてみました。

■不自然に寄せない
《谷》を作るのに不可欠なのは《山》の部分のボリューム。ここがもともと豊かであれば背中や二の腕から材料をかき集めなくてもよいわけですが、比較的小ぶりな山のフィオナやサマンサでも無理やり寄せてはいません。どこぞのグラビアアイドルのような「寄せてます!」的リキミもなく、左右離れていようが、“渓谷”というより“盆地”であろうが関係なし。それも自分の個性と受け入れて、とにかくナチュラルな谷間をアピール!

■ムリに上げない
いくらフィットネスしていても年齢と引力に逆らえないのは当たり前。女性としての経験が豊かであればあるほどバストトップも下がってくるもの。アディソンのように少しぐらい垂れてもあまり気にせず“年齢よりちょっと若い”ぐらいのラインを目標に!

■質感に手を加えない
某姉妹のようにラメでキラキラさせたり、ヌメっとした質感にしたりするのはいただけません。肌本来のハリとしっとり感で勝負すべき。過剰な演出はかえって下品です。肌の色も、真っ白よりフィービーぐらいやや日焼けしてる程度が生々しくなくてベター。

■とりあえず隠さない

深めVネックにキャミソールやチューブトップを合わせて胸元をカバーする人も多いですが、周囲の視線を気にして不自然な三角地帯で露出を抑えるぐらいなら、胸の開きが大きい服は着ないほうがマシ。カリーを見習って谷間は潔く見せるべし!

ちなみに、去年6月の『デーブ&麻里の海外ドラマNAVI』で《ベスト・オブ“魅惑の谷間”》に輝いたのは、『CSI:マイアミ』のナタリア・ボア・ヴィスタ(エヴァ・ラルー)でした。
個人的にはここでもナタリアのもてぷよ系小麦色バストを推したいところ。
・・・ですが、今回名前が挙がった6人の中では、ムリな寄せ上げもせず、ラブリーなファッションでも胸元アピールを忘れず、肉感的なのにイヤらしさがないメリンダ・ゴードンの谷間が最強か!?
家族で見ても安心なハートフルドラマのはずが、ヒロインの胸元だけはセクシー路線、というアンバランスぶりの『ゴースト ~天国からのささやき』。シーズン4あたりから露出が控えめになったのはちょっと残念です・・・。

そんなメリンダ役のジェニファー・ラブ・ヒューイットは、身長159cmと小柄ながら98cmともいわれる豊かなバストの持ち主。最近はダイエットで胸周りが少しコンパクトになったものの、エンタメ情報番組『Access Hollywood』では“ハリウッドの美乳ベスト5”にランクインしたこともあるツワモノ。
30過ぎても変わらない少女っぽい顔立ちとアメリカン・スウィートハートなイメージにそぐわぬグラマラスボディ。実は何よりそのギャップがいいのかも???

平口雅世



>>関連記事:第2回 海外ドラマ “勝手に” アワード
>>関連記事:第2回 海外ドラマNAVI “勝手に”アワード いろいろと部門、やってみた!けど!


 ≪アワード応援コラム≫
>>関連記事:<その1>「最強のおたくちゃん」部門ならチャック、「最強の発売DVD」部門なら『NCIS』!
>>関連記事:<その2>恋もドラマも、“勢い”が大事よね。だからDVDも勢い!
>>関連記事:<その3>南の孤島で遭難してもあの体型を保つハーリーに注目!「最強のぽっちゃりちゃん」
>>関連記事:<その4>『ミディアム』の最強オトコ?ジョーのいないアワードなんて!
>>関連記事:<その5>「最強のゲストスター」はなんといってもウィリアム・ハート!

第2回 海外ドラマNAVI“勝手に”アワード 異論・反論・オブジェクション!?的に応援しちゃいます!<その5>

「最強のゲストスター」はなんといってもウィリアム・ハート!

最強のゲスト出演は、やはり『ダメージ』のウィリアム・ハート。ウィリアム・ハートといえば、知的な演技派、性格俳優のイメージが強いが、パティ・ヒューズの“旧友”そしてクライアントとして登場する彼は、みるものの期待を裏切らなかった。腹にいちもつもふたもつも抱えたインテリで複雑な男という、まさに俳優ウィリアム・ハートが真骨頂とする役柄を完璧に演じてくれた。
『蜘蛛女のキス』(1985年)でゲイの性犯罪者を演じてアカデミー賞主演男優賞をとり、『愛は静けさの中で』(1986年)で世界中を泣かせてまたのオスカー候補となるなど、輝いていた80年代から四半世紀以上が過ぎ、今ではすっかりひたいの輝くオッサンになってしまってお腹と貫禄が出まくりのウィリアムだが、その圧倒的な存在感や深くて説得力のある声は健在。ことに主役のグレン・クローズとのからみでは、強力なケミストリーが生じているのをみすごすことはできない。
また、ミスター・ハートは共演した女優と浮き名を流しがちな俳優のひとりだが(母親違いの娘息子が4人!)、過去には、映画『再会の時』(1983年)の共演をきっかけにグレン・クローズと短い間つき合っていたこともあるとか。これは今回のドラマの設定とかぶるようで意味深!?
最後に、最強のゲスト出演の候補者には残念ながら漏れたが、『ダメージ』シーズン2の敵対する弁護士クレア・マドックスを演じたマーシャ・ゲイ・ハーデンも捨て難い。グレン・クローズとの女の対決はキョーレツそのもの。女を売りにしているところもあるクレアの服装は、いつも胸元がざっくり開いていて谷間を強調していたのも印象的だった。身体で勝負するには、とうがたちすぎている感も否めないが、「最強の谷間」熟女編があれば、ぜひ推薦したい。

ほりうちあつこ


>>関連記事:第2回 海外ドラマ “勝手に” アワード
>>関連記事:第2回 海外ドラマNAVI “勝手に”アワード いろいろと部門、やってみた!けど!


 ≪アワード応援コラム≫
>>関連記事:<その1>「最強のおたくちゃん」部門ならチャック、「最強の発売DVD」部門なら『NCIS』!
>>関連記事:<その2>恋もドラマも、“勢い”が大事よね。だからDVDも勢い!
>>関連記事:<その3>南の孤島で遭難してもあの体型を保つハーリーに注目!「最強のぽっちゃりちゃん」
>>関連記事:<その4>『ミディアム』の最強オトコ?ジョーのいないアワードなんて!
>>関連記事:<その6>やっぱ最強はメリンダ!?2010年春夏の≪谷間見せテク≫は海外ドラマヒロインを見習え!

 

第2回 海外ドラマNAVI“勝手に”アワード 異論・反論・オブジェクション!?的に応援しちゃいます!<その4>

『ミディアム』の最強オトコ?ジョーのいないアワードなんて!

いよいよ今年も海外ドラマNAVI、勝手にアワードが始まったね。いやあ、誰に投票しようっかな……ってちょっと! あたしの大好きな『ミディアム』が全然入ってないじゃないっ!
どーなってんの? 編集部! 「最強のぽっちゃりちゃん」に一家に一台なおもしろキッズのブリジットが入っているのはトーゼンとして「最強の谷間はこの人だ!」に何でアリソンが入ってないの?「最強のヒーロー・ヒロイン」にジョーが入ってないのっ?!
ぶっちゃけ、最近プチ・メタボなアリソンの谷間が最強かどうかは議論の分かれるところよね。わかった。それは認める。
だけどジョーはどうなのよ? 彼は霊能者アリソンの最大の理解者であり、よき夫・よき父。ジョーはまさしく最強のヒーローよっ! 特技はヘタレ気味なトランクスをセクシーに履きこなすことと、家族もヤヤ引きのビミョーなジョーク。そんな彼の最強ぶりは、4月から始まる『ミディアム5』で存分に味わえるわよ。40男の渋い魅力に、あなたもハマってみない?

YOOSEKU

■『ミディアム 霊能者アリソン・デュボア』
【放送局】  WOWOW
【放送日時】<二ヶ国語>毎週水曜 夜11:00~
        <字幕版>毎週土曜 午前10:00~
(c)2008/2009 CBS STUDIOS INTERNATIONAL

>>関連記事:第2回 海外ドラマ “勝手に” アワード
>>関連記事:第2回 海外ドラマNAVI “勝手に”アワード いろいろと部門、やってみた!けど!


 ≪アワード応援コラム≫
>>関連記事:<その1>「最強のおたくちゃん」部門ならチャック、「最強の発売DVD」部門なら『NCIS』!
>>関連記事:<その2>恋もドラマも、“勢い”が大事よね。だからDVDも勢い!
>>関連記事:<その3>南の孤島で遭難してもあの体型を保つハーリーに注目!「最強のぽっちゃりちゃん」
>>関連記事:<その5>「最強のゲストスター」はなんといってもウィリアム・ハート!
 
>>関連記事:<その6>やっぱ最強はメリンダ!?2010年春夏の≪谷間見せテク≫は海外ドラマヒロインを見習え!

«第2回 海外ドラマNAVI“勝手に”アワード 異論・反論・オブジェクション!?的に応援しちゃいます!<その3>

DVDリスト

  • 『LOST<ファイナル・シーズン>』
  • 『CSI:NY5』
  • 『新ビバリーヒルズ青春白書 90210<シーズン1> 』
  • 『アグリー・ベティ<シーズン3>』
  • 『マッドメン<シーズン1>』